Windows

Surfaceが起動しない!?画面が付かない時の対処法5種類全てやってみたよ!

2020年4月28日

スポンサーリンク

 

 

 

↑動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ!↑

 

こんにちは!Surface Pro3使いの馬男(@umaoshinmai)です!

僕は売れないミュージシャンとして活動をしているんですが

2017年の嫁ちゃんと結婚することをきっかけにブロガーとしても活動を始めました。

 

理由としてはお小遣い制になってしまう事が確定的だったので

「独身最後のわがままじゃー!」
「ブログでお小遣いを増やしたんやー!」

となけなしの貯金で中古のSurface Pro3を9万円で購入したんですね。

馬男
買ったのはメルカリね♪

 

あれから3年、来る日も来る日もブログを書き続けました。

そんな思い出深いSurface Pro3ちゃんですが、とうとう起動しなくなってしまったんです!

 

さっきまで普通に使えていたのに、シャットダウンで電源を落とした後はSurfaceロゴすら画面に付きません。

真っ暗です。こりゃ困った。

 

ということで

画面が付かないSurfaceの修理じゃーー!

考えられることいろいろやってみるぜコラー!

というのをネタ的にやってみたいと思います!

 

ということで今回の記事内容は

読者さん
電源ボタンを押してもSurface Proの画面がつかなくなってしまった。修理に出さないといけないのかな?

と言う僕と同じように「Surfaceの壊れた!」という人に向けてSurfaceの対処法5選すべてをやってみたいと思います!

それでは行ってみましょう!

スポンサーリンク

他のWindowsに関する記事やパソコンについての記事は下の『Windows』からどうぞ!

Windowsカテゴリを見てみる。

突然の黒い死の画面…Surface Pro3の症状の全貌。

それではまずは簡単に僕のSurface Pro3の症状についてお話しておくと

 

  1. 電源ボタンを押してもSurfaceロゴやバックライトは画面に表示されない。
  2. 充電は出来ている。
  3. 直前はスリープではなくシャットダウンでWindowsを閉じた。
  4. WindowsやSurfaceに関してのアップデートは行ってない。

という感じになります。

これだけではまだまだ

  • Surface側(ハード)の故障か
  • Windows側(ソフト)の故障か

完全な判断材料にはなりませんが、Surfaceロゴすら映らないのは嫌~な予感がします。

画面がつかないSurfaceの対処方法①:スリープ状態からの呼び覚ますホットキーを試してみる。

では最初にスリープ状態から復旧させるホットキーというのを試してみます。

 

Surface ProシリーズではWindowsが立ち上がった状態でキーボードカバーを閉めると

自動的にスリープ状態になりますが、たまにスリープから復旧しない時があります。

そんな場合にやってみるコマンドは3通りになります。

①Windowsキー+ P
②Windowsキー+ Ctrl + Shift + B
③音量アップボタンと音量ダウンボタンの両方を同時にすばやく3回押す。

 

僕のSurfaceも「もしやスリープ状態なのでは…?」とちょっと期待してやってみましたが

ホットキーでは復旧しませんでした!残念!!

スポンサーリンク

画面がつかないSurfaceの対処方法②:Surfaceの強制再起動やツーボタンリセットをやってみた!

はい!では次にSurfaceの強制再起動やツーボタンリセットというのをやってみます!

Surfaceを長い間使用していると

  • フリーズしてシャットダウン出来ない
  • SurfaceロゴのままでWindowsが立ち上がらない
  • 画面が真っ暗な状態なままSurfaceロゴすら出てこない

といった状態に陥ることがあると思いますが、通常のシャットダウンができなくなった時の為に有効な手順となります。

①電源ボタン30秒長押し

②ボリュームアップキーと電源ボタンを同時に15秒長押し

③ボタンを離して10秒待つ

④電源ボタンを1回押して電源を再投入

 

ちなみに①の項目は「強制再起動」、②以降の項目を「ツーボタンリセット」といいます。

と言うことでやってみます!

 

 

 

・・・

 

 

・・・・・・

 

はい、うんともすんとも言いませんでした。

 

実はSurfaceがこのような状態になる前まで(調子が悪くなってきたくらい)

ツーボタンリセットをやってみた際はきちんとWindowsが立ち上がるまでいったんですけどね…

どうやら今回のトラブルは深刻のようです。

 

前に復旧した際に思ったことですが強制再起動やツーボタンリセットの最中にSurfaceロゴが点いたりするので

「やったー!」と喜んでボタンを離したりしちゃう事があったのですが

あくまできちんと秒数を図り定められた任務を遂行する必要があるんですよね!

もちろんそのまま使えるようになればいいけど、トラブルが発生しているなら最後まで行うことをオススメします。

馬男
途中で立ち上がったりすると嬉しくてボタン離しちゃうよね!

 

ちなみに

Surface 2、3、RTなどのProシリーズではないSurfaceではツーボタンリセットは非対応です。

そしてSurfaceProシリーズであれば全ての世代でツーボタンリセット備わっているものです。

補足ですが

ツーボタンリセットの動作を行えばSurfaceのBIOSも立ち上がります。

 

SurfaceシリーズってBIOS画面がないと思っている方も多いかもしれませんが

こんな時にもツーボタンリセットが使えます。

もし復旧したなら覚えておきたいですね!

馬男
僕のSurfaceは復旧しそうにないけどね…

 

画面がつかないSurfaceの対処方法③:Surface Pro3に残っている電気を全て放出してみた!

よっしゃ次!!

次はSurfaceに残っている電気を全て放出してみます!

 

読者さん
何をアナログな…

と思うかもしれませんが、いやちゃんと復旧した例があるんですぜ!

こちらのブログをご覧ください。

100円ショップなどでUSB LEDライトを入手します。(近くのセリアでUSB LEDライトを入手してきました)
USB LEDライトを、Surface Pro 3のUSBポートに接続し、電源ボタンを押下します。

 

バッテリーを完全に消費するまでと思っていましたが、上記3の操作を数回繰り返したところで、Surfaceが起動しました。

Surfaceが急に起動しなくなった場合に、上記と同じ症状だった場合はぜひ試してみてください。

参考サイト:起動しなくなった(画面もつかない)お手元のSurface Pro は、こうすれば修復ができるかもしれない

 

ね?これ結構期待しちゃいますよね!

言葉にするとバカバカしく見えちゃうかもしれませんが、これっていわゆる「CMOSクリア」と言う作業に当たります。

CMOSクリアとは、BIOS設定を初期化することです。 つまり工場出荷時の新品の時の設定に戻すことをいいます。 CMOSというのはマザーボード上にあるチップで、このチップにBIOSの情報がすべて保存されています。 ... CMOSクリアは電源を完全に失くならせることで、CMOSの情報(BIOS設定)を初期化します。

参考サイト:CMOSクリアのやり方・方法 | 自作パソコンPC作り方

 

デスクトップパソコンだとパソコン内部を開けてボタン電池を取り外せばBIOS自体が初期化されて復旧する事が出来ますが

Surfaceだとパソコン内部まで開けることが出来ないですよね!

だから滞留している電気を放出させてリセットをかけちゃおうってことです!

馬男
USBライトだと300円程度で買えるし使う電気も大きいしと一石二鳥!

 

と言うことで100円ショップのセリアにダッシュして買ってきたよーー!

SurfaceちゃんのUSBにぶっ差して放置しておきます。

Surfaceの回復イメージをマイクロソフトからダウンロードしておく。

さて、Surfaceの電気を放出している間は暇なので、もしSurfaceの画面が点くようになった時のため

マイクロソフトからSurfaceの回復イメージというのをダウンロードしておきます。

 

Surfaceが正常起動しているのであれば検索バーの「回復ドライブの作成」と打てば

USBメモリにSurfaceが復旧しなくなった時のための回復ドライブが作れるようになりますが

僕のSurface自体は起動すらしないのでその方法は使えません。

 

ですがここからSurfaceのサポートからSurfaceの回復ドライブがダウンロード出来るんですぜ!

必要なものは

  • 16G以上のUSBメモリ。
  • Surfaceのシリアル番号。

だけなので手順によって進めていきます。

読者さん
Surfaceのシリアル番号ってどうやって調べるの?

と言う疑問があるかと思いますが、画像のようにSurface背面に記載があるので大丈夫です!

馬男
復旧するかは分からないけど、とりあえず時間が余っているからね!

 

USBライトで放出完了!Surfaceは復旧するか…?

次の日、USBライトによってSurfaceは完全放電が完了していたので再度充電を15分ほど行い、電源ボタンを押してみます。

結構期待していたのでテンション的にはかなり高い状態です。(笑)

馬男
いでよSurface!!そしてブログを書かせてくれたまえ~!!

と気分はドラゴンボールのピラフ大王のような感じで電源ボタンを押します!

 

ポチッ

 

 

 

 

・・・

 

 

・・・・・・

 

…が、ダメ…!!!起動しない…!!

 

ちくしょーーー!ちくしょおおおーーー!!!!!

 

参考画像|ドラゴンボール「セル」から抜粋。

 

と、期待が大きかった分ピラフ大王からセルのようになってしまいましたが、嘆いていたって何も始まりません。

別の方法を試してみたいと思います!

スポンサーリンク

画面がつかないSurfaceの対処方法④:逆にSurface Pro3を24時間以上充電しっぱなしにする!

さて次にSurfaceを充電し続けると、復旧したって言うブログを見ましたのでこちらも試してみます。

現在完全放電が終わりちょうど充電ケーブルに刺さっていますので

ついでにそのまま24時間以上充電しておきます。

 

キーボードが点灯するのでもしかしてWindowsは起動しているっぽい?

そんな復旧作業をいろいろ試していた際にふと気づいた事があります。

それは

馬男
あれ、電源ボタン押すとタイプカバーがちゃんと点灯する。

という点。

 

それを踏まえてある疑問が浮かびます。

タイプカバーにはちゃんと電気が流れている。
↓↓↓
タイプカバーは正常動作している?
↓↓↓
Surface内部ではきちんとWindowsが立ち上がっているけど画面だけ映ってないだけ?

そう、もしかしたら壊れているのは、画面と本体がつながる部分かもしれないという事です。

 

それを交換さえできればSurfaceは甦る(かもしれない)

…そんな期待が出てきました。

だが、Surface本体を開けるのは高難易度なため断念。

恐らくSurfaceの本体を開けて、基盤と画面を外し

  • 接合部分を取り替えたり
  • 画面自体を交換したり
  • もしかしてアルコールで拭いたりするだけで

Surfaceは復旧するかもしれません。

 

ですが、そのSurfaceの画面を開けるのがマジで大変のようで

有名なサイト分解工房さんを見ると難易度は「極めて難しい」との表示。

 

しかも

注意:Surfaceシリーズの分解は極めて難しく、分解時にはかなりの確率でフロントパネルなどが損傷することを前提として作業をして下さい。

参考サイト:Microsoft Surface Pro4|分解工房

とまで明記されています。

そう、画面が破損しているのか分からないのに、画面を破損するリスクが高い内容をやらなければならないわけで…

 

同じ分解工房さんで難易度「やや難しい」のAndroidスマホの画面交換を行いましたが、結構苦労した覚えがあるので

さらに難しいSurfaceの場合だったら絶対画面を割っちゃう事になりそう。

関連記事>>>液晶修理を自分で!p10liteが割れたので格安キットを買ってみた結果!

馬男
画面交換をする方が得か、それともジャンクとして売るほうが得か。

考えた末、分解して画面を直すプランはやめることにしました。

諦めていたその時、Surface Pro3が復旧!

Surface復旧方法⑤|外部出力を試してみる。

24時間充電の最中、暇だったのでさらにいろいろな事を試してみました。

 

画面がイカれてるだけなら外部モニターへ外部出力をすればいいじゃん!
→ミニディスプレイポートを購入するもWindowsが立ち上がってないと、外部出力は設定できない為、断念…

など、諦めきれない性格からいろいろ試していました。

 

~そんな中13時間ほど経過~

ダメもとでSurfaceの電源ボタンを押したところ起動したのです!!

馬男
え?え?何で?ええ?何で??

と馬男は嫁ちゃんの前でめっちゃ戸惑ってしまうほど(笑)

ですが、そんなことはもうどうでもいいのです!

 

ふは!フハハハハハハ!!!やったぞーー!!やったぞおおおお!!!

参考画像|ジョジョの奇妙な冒険「カーズ」から抜粋。

 

直った理由についてはっきりとした事は分かっていませんが

とりあえず飛び上がるほど嬉しかったので、思わず馬男はツイートをしてしまうほど(笑)

もしかしたら24時間充電が功を奏したのかもしれません。

馬男
いや~まさかあまり期待してなかった24時間充電で復旧するとは!!

ひとしきり喜んだ後は

  • Windowsの更新プログラム
  • Surfaceのアップデート

の2つを行っておきます。

理由としては

ドライバーの更新をしていないSurfaceだと、Windowsのアップデートと相性が悪く不具合が発生する事があるそうで

Surfaceの公式サポートに連絡し復旧した際もアップデート関連は促されるそうなんです。

そういった話もあるので念の為アップデートを行っていきます。

スポンサーリンク

Surfaceが復旧した際にやっておきたいファームウェア・ドライバーのアップデート方法。

Surfaceのアップデートについては簡単です。

Surface 用のドライバーとファームウェアをダウンロードすると言うMicrosoftの公式サイトから

ダウンロードしてインストールを行うだけでオッケーです!

 

自分のSurfaceがいくつなのかは分かっていますよね!

 

 

シリアルも本体裏に記載のものを入力すれば大丈夫です!

 

 

 

ファイルがたくさん出てきますが、一番新しい「msi」ファイルをダウンロードすれば問題ありませんでした!

 

リカバリー作業とWindowsアップデートの最中再度、画面が付かなくなる。

アップデートが完了したころ、また画面がつかなくなってしまいました。

今回の症状はかなり深刻で、数日間にかけて24時間充電や復旧作業を勤しんでいましたが何をやっても復旧しません。

 

どうやら画面と基盤をつなぐ部品が完全逝ってしまわれた模様。

馬男
ち…ちくしょう。あとひといきだったのに。

参考画像|ドラゴンボール「レッド総帥」から抜粋。

と気分はまるでドラゴンボールのレッド総帥です。

結論|やっぱりSurfaceを分解しないと修理できないっぽい。

さて、見ていただきましてありがとうございました!

思いつく方法をすべてやってみましたが、結局僕のSurface Pro3ちゃんは復旧しませんでした。

 

やはりSurfaceを分解しないと復旧は難しい模様。

そして町の修理屋さんなどに持っていったとしても、液晶交換に最低でも4万円弱かかってしまうそうで

だったら新しいパソコンを購入する方がお得と考えるのは仕方がないことですよね

 

ということで

我が家のSurfaceは復旧しなかったので、ジャンクでメルカリで売却したいと思います!

参考画像|ドラゴンボール「天津飯」から抜粋。

 

結果的にSurfaceの修理で個人でも対応できるすべてをやったことになったので

他の人にも役立てればと思い、ブログ記事にさせていただきました!

 

この記事をご覧になった方は僕の記事を参考に頑張って修理してみてはいかがでしょうか?

俺はもう諦めたけどねっ!!(チャンチャン)

 

 

役に立ったらいいね!やシェアお願いします!見てくれてありがとう!馬男でした!

 

 

-Windows
-,

Copyright© ぽいろぐ-enjoy&music&investment- , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.