wordpress

アドセンスが4割ダウン!!Amazonやcriteo広告ブロックはしない方が良い理由とは!?

投稿日:2018年8月13日 更新日:

スポンサーリンク

 

こんにちはアドセンサーになってみたい馬男(@umaoshinmai)です!

 

ブログで収益化を狙うならアフィリエイトやGoogleアドセンスが有名ですが
今回はアドセンスの収益アップについての話です!

 

アドセンスの収益、増やしたいですよね!僕も同じです!

ブロガーやサイト運営をしている人は

日々アドセンスに関連する記事を読み漁っていると思います!他の人の記事を見て「試してみよう!」って思うとテンション上がる人は馬男だけじゃないはず…(笑)

ってことで、こんな記事を見つけました。

 

wordpressを使ってブログ運営をしていると、Adsence広告を掲載している事が多いと思います。 同時に楽天アフィリやアマゾンアソシエイトを利用して、アフィっているブロガーさんが殆どだと思います。

しかし、この2つは時にバッティングしてしまい、収益の高い方を潰してしまう可能性があります。(特に楽天アフィリ)そんな時、Adsence広告を適切にブロックしてあげる事で高い収益性を維持する事ができます。

参照:AdesenceのCriteo広告をブロックしてAmazonアフィリエイトの収益アップを実践!!

 

なぬ!?これは一度試してみなければ…

 

こちらのブログ以外でも「広告ブロックを設定した方が収益がアップした!」
「Amazonや楽天とcriteoはブロックした方がいい」などいろんな意見が散見されまして

僕のブログでも2ヶ月ほど試してみました!

実際のところ結果はどうだったんでしょうか?

 

 

ちょっと長めに期間をとっておきましたので

参考事例としては信用できるものだと思いますよ!

 

はい!お話ししていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

アドセンスの広告ブロックを設定したら収益ダウンした!

 

まずは結論からお話します!

僕のブログの場合は
広告ブロックは設定したら収益ダウンしました!

うそーーん!!やんなきゃよかったーー!

 

 

ってことで現在はそれらの広告ブロックはしないことにしました!
要はほとんどの広告は許可している状態!

より具体的な数値を言うと

 

広告ブロックをし始めてから

  • アドセンスの収益
  • ページCTR
  • クリック単価
  • インプレッション収益

と全てにおいて数値は悪化。

なので現在は広告ブロックしているのは
海外広告だけ。

 

実際に取ったアドセンスデータの内容。

あくまで今回のデータは
時期的による広告単価の増減やブログごとのレイアウトは人によって異なる為
今回のデータが全てだとは思って欲しくないのですが

(4月7月は単価が下がり、3月12月は単価が上がるなど)

 

広告ブロックを導入したのは5月上旬。

なので一般的には時期的な影響もほぼない期間。

 

にもかかわらず!

広告ブロック導入前の広告単価は
平均40円前後だったのに、導入後は平均30円になり、最終的に25円前後で停滞してしまいました。

ページCTRは広告ブロック導入前は1.3%前後だったのが
0.8%程度まで落ち込む事に!

1日通してクリック0の日も増えてきてしまう始末(笑)

 

おいおい…こんな下がるなんて思わなんだよ。

 

目に見えて数値が悪くなり、テストはめんどくさい上に

広告を一つ一つ外さなければならないため手間もかかる。

 

全くいいところなしの結果になったわけです。

 

なぜそもそもAmazonや楽天のアドセンスを外した方がいいという話があるのか?

ではなぜ

そもそもAmazonや楽天の広告を外した方が収益が上がると言う

理由はどんな事から来ているんでしょう?

 

それ自体は、いわゆる「クッキー上書き問題」という意見。

自分のブログにAmazonや楽天などのアフィリエイトリンクを貼ってる場合

 

アドセンスでAmazonのリンクを踏まれてしまうとクッキーが上書きされて

収益が減ってしまいます。

(要は自分のアフィリエイトからではなく、クリックされた広告からの売り上げにカウントされてしまう)

 

それはきっと本当の話でしょうが

僕のブログの収益化はAmazonや楽天単体に依存はしていませんでした。

 

アフィリエイトリンクもある上、そもそもAmazonリンクなどは少なく

わざわざアドセンスのクリックを削ってまでAmazonリンク収益を守る必要も無かった。
(Amazonリンクからの収益は月1000円行くか行かないか)

しかも僕のAmazonリンクから購入してくれる人数より
ほぼ全てのページに貼ってあるアドセンスからの収益の方が多いのだろうと気づいた。

なので、僕の場合はアドセンスを充実させることを選びました。

 

criteoも同じように広告ブロックはしなかった。

criteoも理由としては同じ。

そもそもcriteoとはAmazon、楽天、価格ドットコムなどの広告を配信する

要は代理店のようなものです。

 

なので同じようにクッキーは上書きされ、同じようにそこから購入されたら収益が減るでしょうが

あまりAmazonなどのリンクは貼ってないため
criteoからクリック報酬を受け取った方が、お得なんだと感じました。

 

ブログのPV数が10万PVとかを超えたら、また変わるかもしれないので

その時期になったら新しくテストしてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

 結局アドセンスでブロックしたのは海外広告だけ。

では最後に海外広告をブロックする理由と方法を載せておきます。

何故海外広告ブロックをする方がいいと思ったか?

あくまで自分の体感なんですが

 

自分のブログは九分九厘日本在住の人なので
海外広告を押してもらえないと感じたから。

当たり前の話ですね!

 

ぶっちゃけ英語表記の広告は流石に踏まないっしょ!笑

 

一応アドセンスの広告単価はオークション形式なので
海外勢の広告も入れた方が、もうちょっと広告単価はあがるかもしれませんが

海外の広告が単価が高いのかもそもそも知らないし調べようがないので
デメリットの方が多く感じました。

 

しかも海外広告は種類が少なく、そこまで他の広告単価に影響はないと思われる為ブロックした次第です!

 

数値がもどるかはまだ現在テスト中ではありますが

追って報告させていただきたいと思います!

 

 Googleアドセンスの海外広告のブロック方法を載せておきます。

では最後にアドセンスの海外広告に関してブロックの方法です。

方法は

  • 日本語以外の言語の選択をして
  • 一つ一つ広告を手作業でブロックしていきます。

 

順番に見ていきましょう。

 

①Googleアドセンスにログインし、広告レビューセンターを選択します。

 

②枠の中を選択すると種類が選べるので「言語」を選択。

 

 

③日本語以外を選択して「適用」を押しましょう!

 

ほら海外広告が出てきましたね。これらを一つ一つブロックすればオッケーです!

 

まとめ

さて、いかがでしょうか?今回のまとめです!

 

  • Amazonや楽天リンクが多くない人はアドセンスの広告ブロックは設定しない方がオススメ!
  • 日本語向けのサイトは海外広告はブロックした方が良い!

と言う意見でした!

いろいろテストしてアドセンス収益アップを狙っちゃいましょう!

 

この記事が良かったらいいね!やシェアをお願いします!

ありがとうございました!馬男でした!

 

こちらの記事もオススメ!

情報発信すれば人生が変わる!?まず知ってもらう発信の大事さとは!

「ブログネタがない」なんて一生言わないですむ!ネタ探し方法10選!

 17Live(イチナナ)で儲けた人がいたので話を聞きに行ってきた!

スポンサードリンク

-wordpress
-,

Copyright© ぽいろぐ-enjoy&music&investment- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.