節約

【保存版】 NHK受信料を払わないようにする対策まとめ。

投稿日:2018年5月3日 更新日:

【追:2018/05/14】

内容修正いたしました。

こんにちは!

馬男(@umaoshinmai)です!元気ですか?

 

一人暮らし、実家暮らし、家族暮らし。

様々な暮らしをされていると思いますが、それに伴い忘れたころにやってくるのがNHKです。

 

先日馬男の家庭にも、NHKの集金の人がやってきまして

軽く撃退して差し上げましたが

 

ある程度NHK側の出方を覚えておいた方が

ある日突然やってくる集金者に対してすぐ対策を覚えておくことが出来ます。

ただ、インターネットで調べた限り

NHKに関する記事はあまり多くないのですぐに対策を引っ張り出すのも一苦労だと思います。

今回の記事は

・「NHKがやってきた際に出来る対策方法」や
・「謝って契約してしまった場合の対策」

はたまた

・「そもそも集金者が来ないようにする対策」

であったりいろいろな情報を集めてまとめて記事にしてみました。

目次の中で自分の当てはまる項目をご覧になっていただければ幸いです!

では行きます。

 

スポンサーリンク

一番の対策はNHKと契約をしない事

NHKとの契約で納得がいかないのであれば

やはり一番の対策はNHKと「契約自体をしない事」です。

 

いくつか対策がありますので、書いていきたいと思います。

 

インターホンが鳴って出た際に、自分から名乗らず相手に名乗らせて帰らせる

まず集金者が来た際に
「馬男様のお宅でしょうか?」と必ずと言っていいほど

集金者は自分から名乗ってくれません。

 

つい癖で「はい」と言ってしまいがちなのですが

「どなたでしょうか?」と毎回確認するよう癖付けるようににしましょう。

 

NHKと名乗ってきたら「あ、結構です」「帰ってください」と相手に喋る間を与えず
インターホンをガチャ切りする。

これが一番有効です。

まず相手に会わない、喋る機会を与えない。
昔よくあった「新聞取ってくださいよ~」の対策に似ていますが

「いらん!」「知らん!」と言う対策方法です。

 

もし玄関口に出てしまったら、スマホで録画しながらNHKと直接契約すると言う。

 

もし玄関口に出てしまったら、スマホを用意し録画をしましょう。

集金者は録画をされるのをとても嫌がります。

 

その上で

「NHKと直接契約するので帰ってください」

 

と言いましょう。これだけで集金者は帰ってくれるはずです。

 

テレビを持っていない場合はきちんと主張する。処分した場合は解約する

もちろん

・テレビを持っていなく

・ワンセグを持っていない

・車にカーナビなどもついていない

と言う点を証明できるのであれば、集金者が来ても証明が出来るので
きちんと主張しましょう。

 

テレビを処分した場合もきちんと解約しましょう。

解約方法はNHKのホームページに書いてあります。

(処分業者の証明書などをNHK側に送ったりする必要があり、かなり難易度が高いようですが)

 

ちなみに

テレビを持っているのにも関わらず持っていないと主張すると

虚偽報告に当たり裁判時に不利になる場合があるので注意が必要です。

 

もしもの時にスキを与えておかない方が良いと思います。

 

え?契約さえしなきゃいいんじゃないの?と思われがちですがそれは誤りです。

 

2015年にあった裁判でこんな判決が出ました

簡単に言うと「NHKと契約書を交わしていなくても受信契約成立する」と言ったものです。

 

放送法64条1項によると
「受信設備設置した者は契約をしなければならない」

とNHKは主張し、視聴者は戦いましたが視聴者側は認められず

 

そもそも「契約する必要がなく受信設備がある時点で契約が成立する」

といった判決がされたようです。

こういった判決例もある為

有効な対策としては

・目立たずNHKの集金者と会わない・話さない。

・受信が出来るテレビを処分してもかまわないなら処分し解約する。

と言う方法が良いようです。

 

NHK撃退シールと言うのを玄関に貼ろう

ではNHKの集金者を寄せ付けない方法として、こんな物があるのをご存知ですか?

2016年の東京都知事選挙の立候補した件で、有名になった

NHKから国民を守る党(代表)

「立花孝志」さんから無料で配っている「NHK撃退シール」と言うのものです。

NHKから国民を守る党公式サイトでもらうことが出来ます。

 

こんなものです!
ちなみに馬男の家にも貼っています!(笑)

 

「立花孝志」さんは元NHKの人でありながら

NHKと戦い続けている、少し特殊(?)な人であり

 

まぁぶっちゃけNHK側からすると
非常にやっかいな人なのではないかと(思われます)

 

 

 

要は「立花さんの後ろ盾があるから

うちのインターホンは鳴らさない方がいいよ~」と集金者が伝えるのです。

 

これが実はかなり有効なので

NHK撃退ステッカーをもらうのもオススメです!

衛星放送が受信できる設備であれば衛星放送の料金になる


先ほど料金体系は

 

◆NHKの受信料は月額1,310円、

◆BS/CS付きなら月額2,280円

 

と説明しましたが、それは住んでいる方が決める事ではありません。

乱暴な言い方をすると

「映る環境なら払え」と言うのがNHKです。

加えて意外と知られていない事なのですが

マンションやアパートなど「集合住宅」に住まわれている際に

BS放送やCS放送が受信できるようにアンテナが設置をされている場合があります。

そのNHKの見解から言うと
「受信料は衛星放送込の料金を支払わなければならない」としています

 

要は「利用者が見るか見ないか」ではなく「受信できる環境かどうか」

によって料金体系が変わるわけですね。

これって納得がいきますか?

そんな事は知らず、BSのテレビアンテナにテレビをつながなくとも
支払わなければならないと言う事なのです。

 

馬男の実家も集金者によって、その点を突かれ

見事馬男の母親も衛星契約込みの割高の料金に契約を変更させられました。

それまで真面目に料金を支払っていたのにです。

 

僕は非常にその点が納得がいかず
NHKの対策を調べる事にしました。

スポンサーリンク

放送法で定められているNHKの受信料は2種類あり、衛星契約が出来るか否かで変わる

まずは放送法で定められているNHK受信契約についてです。
受信料としては2種類あり

◆NHKの受信料は月額1,310円、

◆BS/CS付きなら月額2,280円

 

となっています。

◆NHK放送受信契約・放送受信料についてのご案内

NHKの放送を受信できるテレビ(チューナー内蔵パソコン、ワンセグ対応

端末などを含みます)を設置された方に、結んでいただくものです。
この放送受信契約に基づき、放送受信料をお支払いいただきます。

ケーブルテレビを通してNHKの放送を受信できる場合も、放送受信契約が

必要です。
一方、ラジオだけ設置されている場合、放送受信契約は必要ありません

◆放送法第64条(受信契約及び受信料)

第1項  協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、

協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

NHK受信料の窓口より引用。

としています。

要は「NHKが受信できる世帯は
(ワンセグ含む)受信料を支払わなければならない」

と言う理論をもとに料金支払いを迫ってくるんです。

 

方法としては知っての通り

自宅に集金者と呼ばれるNHKから委託を受けた人たちが

「払ってください」とやってきます。

 

一人暮らしを始めた方や、結婚して住まいを変えた方にとって
洗礼と言ってもいいほど、毎回悩みの一つとなっていますね。

 

ちなみにNHKを映らなくすれば契約は無効じゃないか?

と考えたことがあると思います。

 

イラネッチケーと言う商品が有名ですね!

 

 

こちらはNHKから言わせると「受信できなくする設備は無効」と言う主張してきます。

要は
「利用者が自由に外せる受信機はNHKとの契約対象外とはならない」

と言う理論ですね。

まぁこちらは言っている事は理解も出来るんですが
そもそも放送法自体が暴論なので

僕自身は納得がいかないですけどね(笑)

すでにNHKを契約してしまった人への対策方法

 

ではもうNHKを契約してしまった人はどうしたらいいのでしょうか?

 

立花さんはこうおっしゃっておりました(教祖風に)

 

 

◆「NHKと契約してしまった人は払わなきゃいい。」

◆「もし裁判を起こされたら時効分を除いた分だけ払えばいい」

 

 

と言う風に。

ではまずはどうやってはNHKの料金を支払いを止める事が出来るか?

 

「俺は口座から引き落としになっているんだよ~!」

「私はクレジットカード払いになっているのよ~!」

 

といった方へは
以下の方法を提案させていただきます!

 

それは「コンビニ払いに変更する」事です!

 

NHK受信料の窓口 - NHKオンラインで支払方法は変更がありますので
「コンビニ払いに変更する」だけです。

これだけで引き落としがなくなります。

 

それはそうですよね!

 

だってあなたは契約者として

真っ当に支払方法を変更したいだけなのですから!(笑)

 

もちろんすぐに支払方法の変更をすることが出来ます!

 

ちなみに「契約者が親なんだよ~」と言った場合でも契約者の変更と言う事が可能ですので

 

・馬男の母(クレジットカード払い)

 →馬男(コンビニ払い)と言った形で変更しておきました

これで料金を支払わない方法が出来ましたね!(ニッコリ)

 

では次です!

NHKから支払い用紙が来ようが、赤紙が来ようが、

裁判を起こされるまで支払ってはなりません!(ドンッ)

では
もし仮にNHKから貴方が裁判を起こされたとしましょう。

それで「受信料を払わなければならない」と裁判で決着したとしましょう。

 

ではいつから支払わなければならないか?と言った話になります。

 

そこで「契約に関しての時効を主張」をするのです!

それはなぜか?

「時効以外の料金しか払わなくてよくなるから」です。

 

時効の期間について争われたこの裁判は、NHK受信料の時効は5年とし、

それ以前の滞納分については支払い義務は生じないという、NHK側のほぼ

全面敗訴の形で決着しました。

 

弁護士ドットコム-時効期間について争われたこの裁判より引用。

このように5年以上払わなくていいと裁判で判決された例がある為です

もし仮に負けたとしても

 

【地上波放送契約なら】

・1,310円×5年=78600円。

【衛星放送契約なら】

・2,280円×5年=136800円。

 

だけ支払えばいいと言う事です。

(※あくまで判例なので今後変わる可能性もあります)

そして、NHKの裁判は毎年行われておりますが

 

全世帯数から考えるとNHK裁判を起こされる確率は
交通事故に合う確率と同じ程度。

と言う事も覚えておけば、結果的に不払いを続けた方が

お得になると言う事も理解できるわけですね!

「もし裁判を起こされてしまったら諦めて払いましょ!」

 

という方法です!

なのでどうしても納得がいかず、不払いをしたいと言う方へは
ご参考にしていただければ幸いです!

でも、基本的には払わなければならないものだとは思います!

別の節約方法でその分得すればいいんだと思います!

 

格安simに変えたら携帯電話の料金が安くなりました!

【追記:2018/05/14】

そして、その他の節約方法としてすぐに導入できるのが今だと格安スマホですね!

 

ずっと気になって調べていたんですが、先日とうとう馬男も格安スマホを導入しました!

でもメインで使っている携帯はiPhoneSEです!

以前はソフトバンクで馬男がギガモンスターで20G、嫁ちゃん7G、馬男母親が2Gと3台契約していましたが

全部で月々2万円くらいの携帯料金がかかっていたんですね。

それが格安スマホに変えてから3台全部で5000円程度に治まる事になったので
非常に満足しています!

契約したのはDoCoMo回線なので、電波も埼玉の田舎ですが入りますし
心配していた速度も遅くありませんでした!

値段がお得なのに、使い勝手が一緒なので
格安スマホと言うのを忘れてしまうほどです(笑)

こんなに安くて使いやすいならもっと早く変えておけば良かった!

メリットデメリットがあるので簡単に説明しますね!

【メリット】

  • 月々の携帯代が2000円代になる!
  • iPhone6s以降のiPhoneなら手元のiPhoneがSIMフリー携帯に変えられる!
  • SMSで普通にメールも可能!
  • MNPを使って今ある携帯番号をそのまま移行!
  • 今使っているアプリも消えない!
  • 2年縛りなどがない!

メリットは何と言ってもその料金!

夫婦2人で格安スマホに移行すれば、毎月1万円くらい費用が家計の足しになる。

しかも旦那さんは家族から

「キャー!パパ機械に強くて素敵!」

「ふっ。そうだろうそだろう。パパに何でも聞くがいい。」

と言う事になりますし

副業でお小遣いを増やそうとするより、手っ取り早く簡単に収益を見込める!

奥さんも、旦那さんのお小遣いも減らさないで済みますね!(笑)

毎月お得になるんで、嫁ちゃんとも会話が増えそうですし

馬男もお小遣い減らされないで済みそうです!(笑)

【デメリット】

  • 相談できる店舗がない。
  • キャリアメールが使えない。
  • クレジットカード決済のみ対応の会社が多い。
  • LineのID検索が使えない。
  • 端末の初期化が必要。

とデメリットは確かにあり

「ちょっと難しそう…」と思われてしまう格安simですが

ちょっと理解を深めようと思ったらすぐに理解が出来ました!

思ったよりそこまで複雑ではないですし

下記から手元の携帯を格安sim化をしてしまえば

後は格安simのsimを携帯へ入れてしまうだけですしね!

こんな方におすすめ

  • すでにキャリアメールを使っていない人
  • 携帯電話が高いなぁと思う人
  • 最新機種にこだわりがない人。
  • おさいふ携帯やワンセグは利用しない人。

格安SIMに興味が湧いてきた人に

格安SIMに興味が湧いてきた人に

詳しい格安スマホにする「SIMフリー携帯への移行方法」記事を書いてみました!

良ければご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

 

さて、いかかでしたか?今回の記事のまとめです!

【契約前】

・NHK撃退ステッカーなどを貼って集金者を寄せ付けない。

 

・会ってしまったら「いらん!」「知らん!」「帰ってください」で撃退!

 

【契約後】

・契約してしまった人はコンビニ払いに変更する。

 

・テレビが不要ならNHKと解約する。

 

・テレビを使うなら「受信料を払わず、裁判を起こされるまで待つ!」

でした!

ちょっとNHKの対応で腹が立ったので
以上の内容をまとめてみました!

 

 

え?ちなみに馬男の家庭はNHKと契約して
ちゃんと払っているかだって?

うふふ!あったりまえじゃないですかぁ~!払っていますよ~!
ブロガーですから!(ニヤリ)

 

 

 

…お後がよろしいようでw

面白かったり役に立った場合はいいね!やシェアをお願いします!

またね!馬男でした!

 

こちらの記事もオススメです!

【任意整理体験談】借金140万円を債務整理によって救われた話。

 

【ブログ10ヶ月】さらなる上へ!ブログ収益1PV=2円を超えた!

 

格安で結婚式を挙げたい夫婦は県民共済ブライダルセンターに行こう!

 

【まくらぼ】オーダーメイドの枕を注文したらいびきが改善した!

 

17Live(イチナナ)で儲けた人がいたので話を聞きに行ってきた!

 

公開日:2018/01/15

 

最終更新日:2018/05/14

スポンサーリンク

-節約
-, , ,

Copyright© ぽいろぐ-enjoy&music&investment- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.