貯金0の馬夫婦がマイホームを買う!を目標に投資・節約を頑張るブログ

ぽいろぐ-enjoy&music&investment-

嫁ちゃんを食わしていく

結婚してからパチンコ・スロットが強制的に辞められた話。

更新日:

こんにちは!

馬男(@umaoshinmai)です!

 

パチンコやスロットをやらない方にはまったく興味ない話なのですが、パチンコ界に2017年は規制の嵐の為、激震が響いています。

タダでさえ時代的に締め付け締め付けで出なくなったパチンコがトドメに近い形でさらなる規制をされようとしています。

パチンコ・スロットファンの方もこれを機にかなりの人が辞めれるのではないでしょうか。

今日はそんなパチンコスロットの話。

 

 

 

スポンサーリンク

 

こちらの記事もオススメです!

基本的にギャンブラーは辞めたいと思っている

まずギャンブルをやっている人に聞きます。
「あなたはギャンブルをやめたいですか?」

答えは「最近の収支の結果」によるんじゃないですか?

勝っている人(勝っていると思い込んでいる人)は辞めたくないと言うでしょうし

負けている人(負けが込んでいる時)は辞めたいと思うはずです。

馬男もスロットを打っていたころは「スロット やめたい」とか

「スロット 辞めるには」とかでよく検索していました。

いかに馬男が辞められたかを今日は話していきたいと思います!

 

 

 

これは共通認識かと思いますが、パチンコ・スロットを打っている人は

辞められるなら辞めたいと思っている人が大半だと思います!

まずギャンブルを辞めたいと思う人は大抵2.3くらいの理由に納まります。

①お金がもったいない。

これは当たり前の話ですが、パチンコスロットを打っている人で定期的に勝っている人は非常に少ないです。

大体2回に1回に勝てればメチャクチャ上手い人で、大体トータルの勝率にしたら3割程度に納まるのではないかなと思います。

年間収支をとってみたら「良くてチャラ」「負けている人は100万単位」って感じの人がほとんどです。

昔ならスロットで1000万貯金したとか、マンション買ったなんて話もありましたが

今回の規制でそれも夢のまた夢になりそうですね!

辞めるに越したことはない趣味だと思います。正直楽しいけど!!笑

 

②時間がもったいない。

そして若い人やお年寄りほどパチンコにハマる時間の余裕があります。

お年寄りの社交場のつもりでパチンコをちょこっと趣味打ちするくらいならだれも文句は言わないと思いますが

大学生やフリーターなど若い人たちが一日全部の時間を使って、数万円のお金を買った負けたとするのは、やっぱりもったいないです。

トータルで勝っているという人でも、トータルでは時間を無駄にしている感はあると思います。

やっぱり未来の為に、自分に投資した方がいいんですよね!

③ストレス解消のつもりがストレスを逆に貯めてしまっている。

→これは本当に本末転倒なのですが、ギャンブルと言うものはストレスが溜まります。

勝っているときは「遊んでてお金が入っちゃった!むふふ!」と喜んでいるのもつかの間

負けた瞬間「あの金があったら○○が払えた!もう辞めよう!」と思い続けながら、次の日もパチンコ屋に行ってしまうのです。

良く奴隷が繋がれている鎖を見てどっちが綺麗だと言い合うと言いますが
「あいつよりも勝っている」とどっちがマシかの比べ合いをするようになります。

 

奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、
驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、
奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、
あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を 血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの 唯一の誇りを見い出しさえしている。

(by リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

 

2017年以降のスロット・パチンコ規制とは

いわゆる3000枚規制と呼ばれるもの。

数万円負けてラスト1000円からの大逆転がほぼ不可能になってしまったのは夢がないよなぁと思います。

ただ、4号機の頃のあの5万10万円入れるが当たり前の頃には戻りたくないですね!笑

借金して家庭崩壊当たり前、前日の夜から次の日朝から行く為店の前で徹夜で並ぶって異常ですよね。やっぱり。

ただ規制だけではなかなか辞めづらい事も事実だと思います。

 

これからのパチンコ規制の内容

  1. 出玉規制として現行の2/3程度に規制強化
  2. 大当たり出玉規制~パチンコは2400個 → 1500個
  3. スロットは総払出480枚 → 総払出300枚
  4. 出玉率120% → 出玉率110%(保通持込みの場合104%~105%が限度)
  5. 検査基準S ~ 現行試打試験400回で300%まで、6000回で150%まで、17500回で120%まで
  6. 改正後 ~ 400回で200%、1600回で150%、6000回で120%、17500回で110%まで。
    検査基準P ~ 現行試打試験、発射出玉の払出は3倍まで(1時間)、2倍まで(10時間)
    改正後 ~ 発射出玉数の払出2倍まで(1時間)、1.5倍(4時間)、3/4まで(10時間)
  7. 16ラウンド → 10ラウンド
  8. パチンコ遊技機は回胴と同様6段階まで設定を認める
  9. 回胴式遊技機は6号機となる
  10. ホールの景品上限~9,600円(税別)→ 6,000円(税別)
  11. 7月上旬 ~ 8月上旬に警察庁より公式発表
  12. 平成29年8月末日の交付予定
  13. 平成30年2月1日施行予定
  14. 施行日前に認定・検定を受けている遊技機はその検定(3年)が満了するまで設置が可能
  15. 施行日前に認定・検定を申請等がなされている遊技機も検定(3年)満了まで設置可能

2017年7月 最新パチンコ・パチスロ 規制改正内容一覧から引用

これからのスロット規制の内容

2017年10月1日より5.9号機内規基準でなければ、検定は適合しないことに決定したのです。

まだまだ不透明な点が多々ありますが、現時点でOPENになっていることは、回胴内部に役比モニターの設置が義務付け られ、不正出玉がモニターできることとなりました。

次にこれが最大最凶の規制ですが、ARTの最大払い出し枚数を1Gあたり2.0枚に押さえ、続くゲーム数を最大1,500G までとし、強制リセット初期化機能搭載となりました。

これで、どんなに奇跡が生じても出玉はMAX3,000枚以内と決定しました。

夢の万枚はこれで完全不可能となりました。

さらにうわさでは、有利区間比率が全体ゲーム数の70%未満に抑えられるため、設定6でもPAYOUTはどんなにがんばって も106%から108%に抑えられてしまうとのことです。

 

移行は2017.10.1からです。それ以前の台の撤去や期限はまだ決まっていません。
現行AT機の検定通過期間は、2016.7末と決定しました。

パチスロ規制決定!2017年10月1日からの引用

 

 

パチンコとスロットと私

部屋とYシャツみたいな始まりですが、ざっくり馬男のこれまでを説明しよう。

馬男が務めているのは東京都都内であり、スロット激戦区と呼ばれる新宿。

激戦区と言われる通り、パチンコ店が非常に多いです!

ええ、とすると

誘惑も多いですよね!(震え声)

しかも夜勤明けなので、誘惑どころかそのままオープン待ちの店舗へ行き、並ぶ事も出来ます!

入場の抽選を受けることすら可能なんですよ!!(笑)(震え声!!)

そして、馬男の職場はギャンブラーだらけです!(震え声!!!!)

 

これじゃあ無理だよ~…

 

馬男
じゃあ抽選だけ受けて、いい順番引けたら打ちにいこっか~

とか

馬男
店の様子でも見に行ってみるか」

なんて事を良く喋っていました!ええ、もちろん!無理ないね!!

んで抽選が悪くても結局打ってましたよ!!

楽しいのだもの!にんげんだもの(うまお)

 

そんなわけで新宿の有名店新宿アラジンに良く並んでは北斗の拳やGODシリーズを好んで打っていましたね。

今でも正直大好きです!

パチンコ業界は今はよく下火だ下火だ言われていますが、今でも新宿アラジンの抽選には多い時には2000人並ぶんですよ?(汗)

 

規制も何のその!
スロッターは今でもあなたのすぐそばにいます…よ!?

 

やっぱり人気だなぁと思いつつ、ここに並んで夢見ていたなぁと感慨深くなります。

 

 

うらやまし…ゲフンゲフン!失礼!  

だってお小遣いは2万円だもん!30分でなくなっちゃうよ!笑 生きていけないよーだ!

と言うわけで収支表をつけていたのですが、2017年6月1日からすっかり更新が止まってしまっています!

20過ぎから15年近く楽しんできた1パチスロファンだった馬男からしたら

今回の規制はやっぱり残念なことのように感じます。

馬男は結婚の為、規制も重なったのですっぱり辞めることになりましたが

いいきっかけになりました!

 

 

さて、いよいよ本題の辞める方法をいくつか提案させていただきます!長々すみません!

 

辞めたければ自分を使えない状況に追い込むべし!!

やっぱり一番の辞める情報は自分をギャンブルできない状況に追い込むことに尽きるでしょう!

馬男は結婚がありましたが、それ以外の状況の人が似たような状況にする為には

お札を全部500円玉にしてしまう事がいいでしょう!

今パチンコ屋は1000円以上から玉やコインを借りる事が出来るのですが、500円玉以下のお金だと遊戯をすることが出来ないのです。

 

銀行の窓口であれば、全て500円玉に変えて両替えすることが可能です!

手数料が多少かかりますが、オススメの方法です!

 

500円玉貯金の両替を手数料無料でする方法!誰でもできる簡単な方法(外部リンク)

 

 

また自分の稼いだ金をを誰かに預けて小遣い制にする事もいいと思います!

一日1000円だけもらうとかにすればきっと物理的にパチンコ屋にいけなくなりますよ!

馬男もお小遣い制がなければまだまだ打っていた事でしょう!(自信あり)

 

収支表をつける

給料日の度に500円玉にすべて両替えするのも現実的ではないんじゃーー!!

誰かにお金を全て預けるのは何か嫌じゃー!!

 

って気持ちも、分かります。じゃあ次の方法はいかかですか?

まずは一番楽で、自分を知るにはいい方法として収支表をつけるのがおススメです。

正直馬男は収支表を付け始めてからは勝つようになりましたよ?

収支表をつけてない時の方が絶対負けていましたし、毎月どれくらいのお金が動いていたのかを知るだけで

バカバカしくなって辞められたり、収支を抑えられたりする事が多いです!

収支アプリも多いので、スマホの人は落としてみるのもいいと思います!

 

パチンコ・パチスロの収支管理 アプリランキングios編(外部リンク)

 

パチンコ・パチスロの収支管理 アプリランキングandroid編(外部リンク)

 

 

スロットで酷い目にあった家族のブログやホームページを見る

「パチンコ 辞めたい」って検索するとたくさんのページが出てきます。

そういうのを見て自分に危機感を持つこともすごいいいと思います。

ああ、誰かを傷つけてまでやる意味があるのかなって思えたらめっけもんです!

その流れからまずはとりあえず
「収支アプリを落とそう」や「手帳に収支表をつけてみよう」
と自分を小さく成長させてみましょう!

自分の性格や生活はいきなり急に誰かに代わるようなことはないのだから。

何だか自分が守銭奴だと公言しているようで少々恥ずかしいのですが、今となっては自分の趣味の筆頭になっている「パチに行ったつもり貯金」が、今日で200万円突破しました。 


止めたいけど止められないと苦しんでいる人、 
精神的にキツイかもしれないけど、 
でも、本当に止められた後の開放感、安心感、安定感や、 
お金の心配をする機会が激減する等、 
想像以上に自分の内面が楽になります。 
是非、この平和な日々を早く味わっていただきたいです。 


パチやめて3年。 ハゲが直った。 

金を失うストレスはないし、食生活もまともになったので、 
当たり前かもしれんが。 
あんな生活してりゃ、髪も抜けるわな。 


今までパチに宛ててた時間と、パチに注ぎ込んだ私にとっての大金のわずか数十分の1程度の時間と金額で、 オークションやら、ミニ株やら、別なことを楽しむようになった。 
賭け的要素もあるし、お金は湯水のごとくって事も無いし安心感があるし、罪悪感も無い。 


10,000円なんかじゃ、1時間も遊べないことなんか日常茶飯事。 
料金が高い!と言われるディズニーランドですら、 
10,000円あれば、それなりに遊べるしお土産も買える。 


今日西武ドームに野球観戦に行ってきた。 
目当ての近鉄は負けたけどたっぷり楽しんで帰りに友達と焼き肉食って帰った。 
これだけでも5000円ちょっと。 
獣王なら1時間も遊べなかった。 


こんな人生はお前の人生ではないのだ!!!違うのだ!!!!! 
という強い後悔の念がパチンコを止めるきっかけとなった。 


うむ、ストレスに負け、パチンコの無為の時間を求めるあなた。 
ただ時間を潰したいなら、ぼーっとテレビをみたり、本を読んだり 
でも良さそうなものなのに、何故かパチンコがいいあなた。これは 
多分「勝ちたい」のだろう。金ではなく、何かに勝ちたい。あなた 
が将棋が得意なら、将棋会館に行って一局指して「同じぐらいの強さ 
の相手に」勝ちたい。そういう感覚ではないだろうか。 

テレビを見てても「勝てない」のだな。そこに不満が残る。 

パチンコの代わりに→「なにか目標を定めて、それに勝つために精進せよ」 
なんだ、あまりにもありきたりなスローガンになってしまったな。


やめて1年になる。 
経済的にも、そして精神的にも豊かになったよ。 
お金も時間もパチンコ屋のためじゃなくて、 
自分のために使った方がいいもんね。 

なかなかやめられない気持ちも分かるんだけどね。 
ついフラッっと行っちゃうんだよね。 
でも、俺もう全然興味なくなったよ。


今まで「目標」ってのが無かったから 
あんなに中毒になってたのかもしれん!!!!! 
目標だ!!!!!! 

止める第一歩は目標だ!”!!!!! 


これまで、目にはしていたが入ろうと思っていなかった 
小さな居酒屋に行った。居酒屋といっても、安っぽい 
チェーン店ではなく、白木のカウンターの奥で主人が 
一品一品料理をつくる店。値段もそれなりだが、酒も 
肴もうまい。 

とりあえずビールから始めて、魚を焼いてもらう。 
頃合いで日本酒に変えて、肴をつまみながらちびちびと 
飲む。カウンターの端には、初老の男性が文庫本を読み 
ながら、ちびちびやっている。 

うまい酒とうまい肴で小一時間。これで4千円。 
パチだと10分もかからずに消えていく金額だ。 


今まで(27才)パチンコと競馬で休日は、明け暮れてた。でも、6月に思い切ってギャンブルやめてお見合いパーティー行ってきた。そしたら、めっちゃモテるんだよ。 
今は、彼女と楽しくやってます。こんなことならもっと早く止めときゃよかった。


俺の場合は本屋で面白そうな本片っ端から買ってさ 
その代金が3000円ちょいだった時、あぁパチンコは辞めようと思ったよ 
パッキー1枚分だもんね 10分でなくなっちゃう。

パチンコや麻薬「パチンコをやめてよかった」より引用 

 

 

馬男がスロットを辞めて変わったこと

さて馬男もまだスロット辞めて3か月弱ですが、少しずつ生活が変わってきました。
一番変わったことは、自分に時間を使えるようになったことです!

 

仕事が終わって家に帰って「ブログ更新」をしたり

「ギターの練習」をしたり。

最近は美味しいパスタの調理方法なんて事もYOUTUBEを見ながら作り出しました。

ご飯なんて正直こだわりはなくどうでも良かったのです

おいしい料理を作れるようになっただけで、ちょっとだけ日々の生活が豊かになった気がします。

 

 

今からでも変われると思うことが大事

パチンコやスロットを打っていた時間は今思えば非常にもったいなかったなぁと思いますが

いくらでも取り返せると思うことが大事です!

自分の成長の為、愛する家族の為、お金の為…
何だっていいのですがモチベーションは高く持とう!

 

 

非常に時間がもったいなく感じました!ギャンブルするならブログ書く!

となったのは一番大きいかな!自分と嫁の為に辞められた!

(あの頃スロットブログなんてやってたら余計に楽しくやれていたんだろうなぁとちょっと後悔…)

 

 

まとめ

いかかでしたか?今回は馬男のプライベートも混ぜていくつか提案してみました。

楽しむことは良いことですが、自分の将来とお金のバランスを取りながら楽しんでくださいね!

そして是非!馬男の仇(かたき)を取ってくれることを祈っています!

(トータル収支がマイナスなので)

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-嫁ちゃんを食わしていく
-, ,

Copyright© ぽいろぐ-enjoy&music&investment- , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.