wordpress

「WordPressが重い!」それってプラグインが原因かも!?

投稿日:2018年3月19日 更新日:

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

こんにちは!
馬男(@umaoshinmai)です!

 

 

WordPressのプラグインって何を入れたらいいのか正直迷っていますよね。

特に初心者だと、インターネットで調べたプラグインを「とりあえず入れとけ!」ってな感じでドンドン入れてしまうと思います(経験あり)

馬男も「絶対入れとけプラグイン〇〇選」って言うぺージを見るのが好きで、暇な時間帯はいろいろ見て回るのですが、その度インストールをしていったら、様々障害が発展する事になりました。。。

今回はそんな話を記事にしたいと思いますのでよろしくお願いします!

それでは行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

WordPressサイトでおかしい症状が出た場合は大抵プラグインの干渉が原因

WordPressでブログを運用している際に必ずしも出てくる問題として

画面が真っ白になっちゃった\(^o^)/オワタ

とか

変になっちゃった!/(^o^)\ナンテコッタイ

 

と良くなると思うのですが

基本的にWordPressの表示がおかしい!

…と思った時にまず疑っていい部分はプラグインです。

 

もちろんスタイルシートを変更したりする場合もあるのですべてではないのですが、おかしい表示が発生した場合

「あれ、最近何かしたっけ?」と自分行ったことをさかのぼってみると、大抵新たなプラグインを入れているのが原因だったりします。

 

1つ1つを見ると役に立つプラグインなんでしょうが、それが50も60も増えていくと干渉しあっている事が原因で。

例えばアクセス解析の機能が2つあった場合

 

A「ここは俺に任せろ!」

B「いやわたくしめにお任せを!!」

WordPress「いやああ!ケンカしないでぇ!ズバアアアアアン!!!(真っ白な画面」

 

 

となってしまうんですね!これは極端な例なんですが。

またたくさんのプラグインを入れると、アップデートの度に手間が増えてしまう為、非常にその点でも手間がかかってしまいます!ある程度厳選していく事にしましょう!

もしおかしい表示が出た場合は、一度プラグインを全て1つ1つ停止をしてどのプラグインが原因か探ってみることをオススメします!

どのプラグインを入れたか覚えてない場合は全てを停止をしてみる方法も考えてみるのもいいと思います!

プラグインを入れすぎると、サイト表示が遅くなりSEO的にも悪影響になる?

こちらの「ぽいろぐ-enjoy&music&investment-」の僕、馬男自身もWordPressでブログを開設し運用していますが

良いとされるプラグインを入れすぎてしまい、気が付けば65ほどのプラグイン数になっていました。(入れすぎ!)

その度いろんな悩みに悩まされていました。

サイトマップが何も表示されなくなったり、随分とサイト表示に時間がかかったり

はたまたブログ自体表示が出来なくなったりと。

 

 

そして現在は思い切って、必要でないプラグインは削除しプラグイン数は28になりました!
※使用しているプラグインは後述。

その結果、嬉しい事にサイトの速度もそれで改善しており、サイトの表示が遅い場合は画像を小さくするプラグインを入れるのと同時にプラグインの数を減らす方法がいいと気づきました!

 

Googleアナリティクスの数値を見ても

プラグイン削除前は平均ページ表示時間は27.16秒ほどかかっていましたが、

現在は11.86秒に改善する事になりました!(記事数は70弱)

 

理由としてはプラグインを通してブログが表示されているので、便利な反面表示に時間がかかってしまうわけなんですね!しかもサーバーに負担をかけてしまうらしい。

やはりプラグインは入れすぎて良い事はなさそうですね!

 

本当に必要なプラグインのみ使用する方が良いと思います!当たり前だけど(笑)

よく分からない人は自分が使っているテーマのブログを探して、どんなプラグインを使っているかを見てみてください!それらを参考にしてみるといいですよ!

「WordPress 【ブログテーマ】 プラグイン」とかで検索してみてください!

 

スポンサーリンク

筆者が使用しているAFFINGER4はどんなプラグインを使っているか?

では実際に馬男が使用しているブログで使っているプラグインを紹介します。馬男のテーマはAFFINGER4を使用しています。現在使用しているプラグインを簡単に紹介させていただきます!

下記のプラグインを入れていただければ、とりあえず馬男と同じパフォーマンスをすることが出来ます。

 

重複しているプラグインがあったりしますので、のちのちさらなる整理を考えていますが、現在は以下のプラグインを入れています!

絶対入れるべき!必須と言われているプラグイン

BackWPup

WordPress(ワードプレス)のバックアップ・プラグインで、最も多機能、かつ一般的(おすすめ)なプラグインになります。

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法(外部サイト)

 

Broken Link Checker

壊れたリンクや存在しない画像がないかブログをチェックし、見つかった場合はダッシュボードで通知します。

Broken Link Checkerプラグインの使い方(外部サイト)

 

Contact Form 7

問い合わせ窓口のメールフォームを簡単に作成できるプラグインです。

こういった問い合わせフォームが作れます!

Contact Form 7 の使い方 - バズ部(外部サイト

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

迷惑メールの振り分けフォルダみたいにブログへの迷惑なスパムコメントを 判別して自動削除してくれるプラグインです。

Akismetの設定方法!スパムコメントをブロックしよう!(外部サイト)

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginは、WordPressにインストールするだけで、セキュリティを向上させることができます。とりあえず入れておきましょう!

SiteGuard WP Plugin | 国産WAFのJP-Secure(外部サイト)

 

 

サイトマップを作るうえで必要なプラグイン

Google XML Sitemaps

検索エンジン(Googleなど)向けのXMLサイトマップを作成したり新しい記事を公開した時に自動的にサイトマップを更新してくれるプラグインです。

Google XML Sitemapsの設定方法 - バズ部(外部サイト)

PS Auto Sitemap

こちらは逆にブログを見てくれたユーザー側に見やすいサイトマップが作れるプラグイン。

こういったサイトマップが作れます!

 

PS Auto Sitemapの設定方法と使い方 - バズ部(外部サイト)

 

 

サイト速度向上の為、画像を縮小してくれるプラグイン

 

EWWW Image Optimizer

Webサイトにアップロードした画像を自動で最適なサイズに圧縮してくれるプラグインです。

EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方を完全マスター【2017度版】(外部サイト)

 

Imsanity

Imsanityは巨大な画像がアップロードされることを阻止します。

Imsanityの使い方と設定方法 | らいふーる(外部サイト)

ブログ記事作成の際にプッシュ通知してインデックスしてくれるプラグイン

PuSHPress

PuSHPressとは、PubSubHubbub(PuSH)という機能を持ったWordPressプラグインで、Webページの更新やページ作成を瞬時に検索エンジンにインデックスしてくれます。

PuSHPressを使って一瞬でGoogleにインデックスさせるWordPressプラグイン(外部サイト)

 

WebSub/PubSubHubbub

書いたブログ記事のURLの存在を検索エンジンにプッシュ通知して、いち早くインデックスしてもらうための仕組みを簡単に利用できるようになるプラグインです。

WebSub/PubSubHubbubの使い方と設定方法 | らいふーる(外部サイト)

 

 

 

入れておくと便利なプラグイン

 

AddToAny Share Buttons (シェアボタン)

WordPressサイトのサイドバーに 好みのSNSボタンを 簡単に設置出来るプラグインです。

 

こういった感じのSNSシェアボタンを作ることが出来ます!

 

AddToAny Share Buttons – 100以上のSNSのシェアボタンを表示できるWordPressプラグイン(外部サイト)

All In One SEO Pack

SEO対策の設定を総合的に管理できるWordPressプラグインです。検索エンジンの検索結果に表示される内容を最適化できます。

All in One SEO Pack の設定方法と使い方 - バズ部(外部サイト)

 

Feedly Insight

Feedlyの購読者数を記録&閲覧できるプラグインです。Feedlyの購読者数の推移をグラフで確認できます。

【WordPress】Feedly InsightプラグインはFeedly購読者数の推移が一目でわかる!他ブログの状況も!(外部サイト)

 

Japanese font for TinyMCE

日本語フォントを TinyMCE Advanced プラグインのビジュアルエディターのフォントファミリーに追加します。

Japanese Font for TinyMCE ~手軽に記事に手書きフォントなどを導入できるプラグイン(外部サイト)

 

Jetpack by WordPress.com

WordPressを利用する上で便利なアクセス解析や問い合わせフォーム、SNS自動共有など約30種の機能をパックにしたもの。

これは使える!JetPackプラグインのおすすめ機能 | WordPress Theme(外部サイト)

 

Pixabay Images

パブリックドメイン扱いの写真素材やクリップアート素材を無料で利用できるプラグインです。商用・非商用を問わず無料で利用できます。

Pixabay Imagesの設定と使い方【2017最新版】 - 1人ビジネスライフ(外部サイト)

 

Pz-LinkCard

記事リンクをカード形式で表示します。

[blogcard url=”https://www.poilogpoilog.com/kenminkyousai2”]

↑こういったのが作成可能なプラグインです。

WordPressでリンクをカード形式で表示する Pz-LinkCard | ぽぽづれ。(外部サイト)

 

Really Simple SSL

WordPressで簡単に「常時SSL化」を行う方法です。

WordPressを一瞬でHTTPS化するプラグイン「Really Simple SSL」Naifix(外部サイト)

 

Redirection

指定したURLから他のURLへと転送を行うことができます。サイトが移転した時などに設定しておくと便利なプラグインです。

Redirectionプラグイン(リダイレクトの管理) - WordPressプラグインの一覧(外部サイト)

 

Rich Text Tags, Categories, and Taxonomies

カテゴリ毎に画像を挿入が可能となるプラグイン。

【WordPress】カテゴリーページでカテゴリー毎に任意の画像や文章をプラグインで表示させる(外部サイト)

 

SSL Insecure Content Fixer

WordPress のウェブサイトで HTTPS に対応していないコンテンツをなくします。

プラグインで簡単!WordPressの常時SSL対応 | 常時SSL Lab.(外部サイト)

 

TablePress

様々な機能の付いたテーブルをタグなどを使わずに簡単に作成することができます。

TablePressの使い方ーWordPressプラグイン | TechAcademyマガジン(外部サイト)

 

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタを拡張できるプラグイン。

TinyMCE Advanced の設定方法と使い方 - バズ部(外部サイト

 

VA Social Buzz

Facebookページのいいね!ボタンとシェアボタンを簡単に設置できる、WordPress プラグインです。(下に例として貼り付けています)

WordPressのプラグイン「VA Social Buzz」を導入して、ブログからFacebookページの「いいね!」を集めろ!_ブログサポーターかみたか(外部サイト)

 

WordPressの方向け!プラグイン以外で導入した方がいいツール!

①SEOのチェックツール

 

SEO対策・検索順位チェックツール【GRC】

 

このブログも記事数が増えてきたので、最近過去記事のリライトをし始めました!

その際、記事毎の検索順位のチェックツールとしてGRCを導入し始めました!

 

これってVector の 2006年 ベストオンラインソフト の1つに選ばれたGRC の検索順位チェックツールで、これっていろんな人が導入しているんですが、すごい見やすくて良かったです!

こんな感じでボタン一発で自分のブログの検索されるであろう、すべての検索キーワードの順位を調査して直近の順位変化や 過去の全ての順位変化も、グラフ表示で見ることができるのですごい分かりやすいんです!

 

ボタン一発ですべての検索キーワードの順位を調査して

直近の順位変化や 過去の全ての順位変化も、グラフ表示で見ることができてすごい便利でした!

GRCの公式ホームページを見てみる。[/su_button]

 

②新規サイトの立ち上げには中古ドメインを利用する

 

中古ドメインでSEOを成功させる【アクセス中古ドメイン】

 

アフィリエイターにはある程度SEOが育っているブログやサイトを立ち上げる必要があると思いますが、すでに育っている中古のドメインを利用する事が近道!

馬男は全くのブログ初心者だったので、1からブログを育ててますがある程度資金がある人は中古ドメインを購入してから記事を投入するのが良いですね!

 

アクセス中古ドメインの公式ホームページを見てみる。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?以上が馬男のサイトの導入しているプラグインの全てです

これからも便利だと思ったプラグインなどをこのページにまとめていければと思っています!

 

是非参考にしていただければありがたいです!

 

この記事が気に入ったらいいね!やシェアをお願いします!馬男でした!

 

 

こちらの記事もオススメ!

どのブログコミュニティにも入らず収入化を目指した感想と意見。

 

Youtuberより収益につながるブロガーを勧めたい11の理由

 

【仮想通貨は危険】ビットコインバブルに浮かれない投資方法とは?

 

スポンサードリンク

-wordpress
-, , , , , , , ,

Copyright© ぽいろぐ-enjoy&music&investment- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.