レビュー

ヴェポライザー最強は『WEECKE C-VAPOR2+』シリーズ|新商品C-VAPOR3との違いも書くよ!

投稿日:2018年9月3日 更新日:

 

 

 

 

こんにちは!
愛煙家の馬男(@umaoshinmai)です!元気ですか?

 

最近は喫煙者の肩身が非常に狭くなっているのも感じます。しかも年々どんどんと。

 

東京都内はオリンピックに向けて「屋内完全禁煙」なんて叫ばれているので

新宿や渋谷などでもドンドン喫煙所が減っていますよね~。

 

いや~屋内完全禁煙は流石にひどくね??

 

と思っています。

 

その影響からか周りでも電子タバコ使いが増えてきてます。

 

都内で仕事をしているからかアイコスやgloやプルームテックを使う人達が
割合で言うと「過半数弱」になってきましたね。いや、ほんと多い!

たばこ税も上がっていますが、「電子タバコ税」についても議論されており

電子タバコだけ税金を上げる話もあるのだとか…

 

いやいや、人口を増やしたいのか減らしたいのか正直意味分かんないですよ。(笑)

 

さて今回は「電子タバコによる減煙」と「タバコ代節約」で最強と呼ばれる

ヴェポライザー
WEECKE 「C-VAPOR2+(プラス)」 スペックについてのレビュー記事となります。

 

【追記:2018/07/10】

※新機種の「weecke c-vapor3」が発売しているので違いも追記しました!

 

結論から言うと、WEECKE C-VAPORシリーズは非常に満足いく商品でした!

ヴェポライザー界で最強の名に恥じぬと言っていいでしょう!

 

それでは詳しいところを説明します!

 

ヴェポライザー『WEECKE C-VAPOR2+(プラス)』◆詳細

WEECKE C-Vapor 2+(プラス)
リキッドではなく、フィリップモリスのiQOSや、gloのように

葉を加熱して蒸気を吸う加熱式の電子タバコです。

 

加えてこちらは

普段お使いのタバコや、シャグ、アイコス、紅茶などの葉を入れてお楽しみいただける代物。

以下スペックです。

C-Vapor2が正統進化

・160-230℃まで8段階の幅広い温度に対応したことにより、幅広い味わいを楽しめます。

・セラミックチャンバーが採用されており効率的な熱伝導で葉を均一に加熱することで深い味わいを体感できます。

・レギュラーサイズのタバコフィルターが使えるシリコンマウスピース

が付属!温度管理とフィルターを使い、お好みのキック感で楽しめます

 

マウスピースはJTのPloomのタバコカプセルも装着可能。510規格なのでVAPEにもお使い頂けます。

 

・放熱フィン(チャンバー蓋)用の専用シリコンカバーが付属

・摂氏表示で温度が分かりやすくなりました。

・日本語説明書付き

・細かい操作性の向上等ヴェポライザー『WEECKE C-VAPOR2+(プラス)』◆仕様

最強ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR 2.0 PLUS ... - VAPEJPから引用

簡単な仕様から載せていきます。

・バッテリー容量1600mAh

※使用環境及び使用状況によって稼働時間は異なります。

・食器にも使用されている高品質セラミックを使用

・短絡及び過充電を防止する保護回路付きで安心

・ベントホールはUSB充電口の中にございます。

・ワックスも使用可能

・LEDディスプレーで温度管理

・160度まで約20秒で加熱完了

・5分で自動電源オフ

・3ヶ月メーカー保証
※消耗品は保証対象外になります。(電池、コイル等)

 

 

WEECKE C VAPOR2.0+の後継機発売!新機種の「weecke c-vapor3」はさらなる進化を遂げた!

【追記:2018/07/10】

ようやく新シリーズの「weecke c-vapor3」が発売されました!

 

ずっと「weecke c-vapor2.0+」が品切れ状態だったのですが

よりグレードアップされて帰ってきましたね!

 

 

 

「weecke c-vapor2.0」との違いは

  • バッテリー容量約1.5倍&独自のPEEK保温技術を施し電池持ちが向上。(200℃で大体17〜18回ぐらい吸うことが可能)
  • 液晶画面改良。(残り喫煙時間の表示が可能)
  • バイブ機能搭載。
  • エアフローコントロール追加で自在にエアー量調整変更可能。
  • 葉の詰め替えがしやすいはめ込み式のキャップに変更。
  • ヒートアップまでの時間もスピードアップ(200℃まで約20秒前後!)
  • 使用時間は5分→4分に変更。

 

となり、喫煙時間は5分→4分となったものの、電池残量が1600→2300mahに大幅UP!

弱点と言われていた

ヴェポライザー好き
 モバイルバッテリーがないと一日持たないよ~!

と言う不満も改善しています!

 

フル充電で17〜18回ぐらい吸うことが出来るようになりましたので

一日持つようになりますね!

 

これについてはAmazonレビューでも大絶賛の嵐が吹き荒れている模様…(笑)

今から購入するなら圧倒的に「weecke c-vapor3」でしょうね!

・喫味に関しては、ヴェポライザーの中でも紙巻きタバコに近いような濃厚でスモーキーな味が出ます。
cv2よりも少し濃くなったかな?という印象。

・シャグポンが超しやすい。
きつきつに詰めてもほぼ100%と言っていいほどシャグポン成功します。

・良いです!外で使用しても1日持ちました!2+よりかなり進化しています。味も美味しいです。

欲を言えば18650バッテリー採用しているのならバッテリー交換式にしていただきたかったぐらいですかね。あとは最高に良いです!

 

 

 

ヴェポライザー『WEECKE C-VAPOR2+(プラス)』 ◆セット内容

次に購入した際のセット内容を載せていきます。

・C-Vapor 2+(プラス)本体

・ガラスマウスピース

・シリコンマウスピース

・フィン用シリコンカバー(BLACK)

・日本語説明書

・充電用USBコード

・オイル・ワックス用カップ

・メッシュスクリーン

・クリーニングブラシ

・ピンセット

・パッキングツール

使用上の注意/免責事項 及びメーカー保証詳細

・充電は絶対に、1A以下かつ5V以下の充電器をご使用下さい。

 高電圧の物を使用しますと、故障、バッテリー劣化、火災等の原因になり危険です。

・使用後は内部が高温になります。やけどの原因になりますので絶対に開けないでください。

・使用後は内部が高温になります。やけどの原因になりますので絶対に素手で触らない、体に接触させないでください。

・別売りのヒーティングチューブを使用の際は、高温になりますので常温になるまで取り出さないでください。

・本製品は小さな子供、乳幼児の手の届かないところに保管してください。

・本製品を落下させたり人や物にぶつけないでください。

・本製品はタバコ製品です。20歳未満の方の使用は絶対に行わないでください。

・お客様による改造、修理、分解などは絶対に行わないでください。

・パススルー未対応ですので充電しながらのご利用は絶対にお止めください。

・本来の目的以外には使用しないでください。
電子たばこ用リキッドなど液体の浸水が確認された場合は保証対象外となります。

・オイル&ワックス用カップを使われる際に、横に傾けると液体がこぼれて本体が故障する場合があります。必ずまっすぐ立てた 立てた 状態でお使いください。

・連続使用は機器を痛めますので1セッション終了後は本体が冷めるのを待って使用してください。

・リキッド/グリセリン等の過度の使用はしない事

・上記を守らないことによる故障、損害、人体被害、物損、火災等について、販売店、メーカーは一切の責任を負いませんのでご了承ください

※電池、コイル等の使用に伴い自然に劣化するものは保証の対象外になります。予めご了承ください。

定期的に付属の掃除キットで掃除して下さい。故障の原因になります。

あきらかなメンテナンス不足は保証対象外です。

充電しないで長期間放置するとバッテリーが故障しますので定期的に充

電してください。
商品到着後は必ず満充電して使用して下さい。

 

WEECKE C-VAPOR2+(プラス)を開封してレビュー!

 

さあいよいよ開封編です!

 

AMAZONの注文から2、3日後

すぐにWEECKE C-VAPOR2+(プラス)は届きました。

 

使い方については下記のレビューブログが非常に分かりやすく書いていたので

引用させていただきます。

 

この機種の特徴でもある外観についてご紹介いたします。

ボタンはヴェポライザー側面の上部にあるひとつのみ。

かなり簡素化されており、特別な操作はいらない

ということが一目でわかります。使い方は次で紹介いたします。

これは下部の写真です。OPENと書かれているところは、ストック用のスペーサーが入れられるようになっています。

 

ラウンド形状になっているのもこのC-VAPORの特徴で、写真を見ていただくと、

片方は緩やかなラウンド、もう片方は指がフィットするようなラウンド形状になっています。

ホールドする指を置きやすいようなくぼみがグッド

持ちやすさを考えたときに、この製品は素晴らしい。

今まで紹介してきたヴェポライザーよりホールド感が強く、本当に持ちやすい。

スマートフォンよりも持ちやすい、それもそのはず。

なんとiPhoneSEよりも小さい!

全体のサイズ感はiQOSと比較しても小さいです。

衝撃のサイズ感の要因として、バッテリーの軽量化があります。

その点はおいおい検証していく必要はあるのですが、モバイルバッテリーも簡単に購入できる今となっては、いたずらにバッテリーサイズを大きくする必要もないのかなという印象。

こちらが本体上部から撮影した写真。

「200」と表示されているのは、温度であり、数字の隣に°Cが見えるでしょうか?

同様にこちらは充電の残りも表示してくれます。

C-VAPORは1度に温度、バッテリー残量の両方を表示してくれる設計になっています。

サイズを限界まで小さくしているので、徹底的にシンプルにしています。

この点は、ハーブスティックリラックスのボタン類などと比較してみると一目瞭然です。

 

WEECKE C-Vapor 2+(プラス)のシリコンマウスピースは偉大で、紙巻きタバコのフィルターをそのまま指して使うことができるようになっています。

最強と僕が書いた理由です。まずはマウスピース関連から見ていきましょう。

ハーブスティックリラックスのような吸い口かと思いきや、シリコンマウスピースがついていてそれを装着するとこんな感じ。

 

【レビュー】WEECKE C-Vapor 2+(プラス)は最新、最強のヴェポライザーだった!歴代ハーブスティックと比較より引用。

 

いいですね!僕も

・握りやすい点、

・小さい点

・味

・吸い心地

を気に入っています!

 

 

 

 

WEECKE C-VAPOR2+(プラス)◆使い方

一応細かい使い方についても載せておきます。

 

◆吸い口を開け、チャンバーの中に葉をいれます。

※この時に必ずチャンバー内が常温であることを確認してください。

◆お好みで、吸い口にフィルターを装着

(手巻きタバコ用レギュラーフィルターか市販の紙巻タバコのフィルターを切ってお使い下さい。)

◆ボタンを5回押しで電源オン 自動で設定温度まで上昇します。

◆ボタン長押しでお好みの温度に設定

160-170-180-190-200-210-220-230℃の8段階

◆ボタンを5回連続押しで電源オフ

◆葉の交換作業は絶対にチャンバー内が常温になってから行ってください。

 やけどの原因になります。

 別売りのC-Vapor2,C-vapor2+専用ヒーティングチューブ(スペーサー)使用で,紙巻タバコをカットしてそのまま使えます。

 また、あらかじめタバコまたはシャグを入れて何個か持ち運べば交換作

業が手軽にできます。

 スペーサー使用の際は絶対に高温の状態で触らないでください、やけどの原因になります。

※使用時に本体からジーッという音が鳴りますが、仕様です。安心してご使用ください。

※オイル&ワックス用カップを使われる際に、横に傾けると液体がこぼれて本体が故障する場合があります。必ずまっすぐ立てた 立てた 状態でお使いください。

 

人気記事>>>【保存版】 NHK受信料を払わないようにする対策まとめ。

 

シャグ(葉タバコ)専用ではなく、紙巻きタバコでも使用出来る!

では実際に馬男が「吸ってみたレビュー」を載せていきます。

今回は2種類

 

・シャグ(葉タバコ)「スタンレーコーヒー味」と

 

・Marlboro(マルボロ) アイスブラスト8mm

 

を使用してみる事にしました!

 

シャグ「スタンレーコーヒー味」を吸った感想

まずはシャグ(巻きタバコの葉)や紙巻たばこ(を切った物)をチャンバーに詰めていきます。

馬男はいつもこういったガラスケースに加湿しながら保管しています。

 

加湿がある程度十分できていると、ずっと美味しく吸う事が出来るので

加湿しておく事をオススメします!

 

シャグはこのように細かい葉っぱですので、かなり詰めやすいですね!

このようにシャグをヒーティングチューブスペーサーに詰めて

チャンバーに詰め終わったら、電源ボタンを5回連続で押すと温度が上がり始めます。

ボタンを押すと、20秒ほどで吸えるようになりました!

では、吸ってみます!

うん!美味しい!

最初の印象を詳しく伝えると

 

「タバコの味がしっかりしていて風味がある!」

「紙が燃えたような雑味がなく、甘味さえ感じた」

「ちゃんとキック感があり、吸い応えもある。」

と言う非常に良いと思えるものでした!

アイコスやglo、プルームテックと比べても美味しいですね!

僕はこっちの方が断然いいです!

 

喉が全然イガイガしないし
口の中に残るタバコの苦味の様なものもありません。

 

 

吸った後捨てる時は蓋を外して、ヒーティングスペーサーを入れ替えれば

オッケーです!

アイコスやglo、プルームテックとは違ってシャグそのままだけでは
煙は出ない仕様になっていて、タバコの煙が欲しいなぁと思う人は

 

 

こういったグリセリンを別途購入して1滴程度垂らすか

 

 

 

リキッドと呼ばれている味や匂いがついている物を別途購入して

本体に付属のリキッドチャンバーにグリセリンを入れておくのがいいですね!

やっぱりグリセリンを入れた方が味もしっかりするので

入れる方をオススメします!

 

 

持ち運ぶときは予めシャグを詰めて、スポイトにグリセリンを入れてケースがオススメですね!

 

 

Marlboro(マルボロ) アイスブラスト8mmを吸った感想。

では次にMarlboro(マルボロ) アイスブラスト8mmも吸ってみます。

 

 

紙巻きたばこはチャンバーに入れてから切るだけで使用出来ます!

詰める必要がないのは非常に楽です!

 

 

チョキンッ!!

 

 

これをチャンバーに入れて吸う事が出来ます!

 

タバコ一本で、3本作る事が出来ます!

ええ、要はタバコ代が安く済むってことですね!

 

味的には本来のMarlboro(マルボロ) アイスブラストっぽくなくなります。

メンソール感も薄くなり、紙巻タイプの特性なのかタバコの味は薄めですね!

結論から言うとシャグの方が断然おいしい!

 

ただ、詰めるのが紙巻の方が非常に楽なのでめんどくさい場合は

使おうかなぁと言ったところ。

 

 

人気記事>>>まったくの素人がブログ一年でどれくらいの収益になるのかやってみた!

 

アイコスのような電子タバコで満足出来ない人も、温度調節でタバコの強さを変えることが出来る!

 

僕はアイコスやgloではキック感(強さ)が足りず出来なかったのですが

 

ボタンを長押しすると、160-170-180-190-200-210-220-230℃の8段階で

温度調節が可能で、自分好みに設定できます!

 

シャグを数種類混ぜたり、メンソールのリキッドを入れたり可能性は無限大です!

 

参考として温度は

軽い煙草(1mm)を吸っている人は「170~200」くらいがちょうど良く

重めの煙草(8mm以上)を吸っている人は

「210~230」くらいがいいのではないかなと言った感じでした!

 

ちなみに、230度では煙が熱くなりすぎるので「8mm」を吸っていた馬男でも

「220度」がちょうどいいですね!

 

加えて強さ調節としてはたばこのフィルターも使えるので

自分好みに調節する事をオススメします!

 

紙巻きたばこの3分の1くらいのコスパ

そして、最大の利点は先ほどちょっと言いましたが

コストが非常に安いところ!!

 

シャグは35グラムで660円なのですが

一回がおよそ0.5グラム弱くらい使うので大体70本分ちょっと作ることが出来ます!

 

とんでもないコストパフォーマンスですね!

シャグは容器に入れれば、加湿して長期間美味しく保存できますし

紙巻きたばこだったらそのままハサミできって
一本あたり3本ほど作る事が出来るので、要は3倍のコスパです!!

 

増税が叫ばれる中これだけで、かなりの節約になりますね!

 

関連記事>>>投資信託で大損をする前に絶対的にオススメな投資方法を教える!

 

WEECKE 「C VAPOR2.0+」の匂いについて

 

では次に匂いです!

嫁ちゃん曰く「副流煙はアイコスのような匂いがある」との事。

ただ、吸い終った後はほとんど匂いがないそうです。

 

デメリットはシャグを「詰める作業」・「電池が持たない」所。

良い部分ばかり書きましたが、デメリットもあります。

上でちょっとか書きましたが

本体後ろ部分にこうやって

予めシャグを詰めて持ち歩く事も出来るのですが
外に出たときに外に出たときに、毎回シャグを詰めるのが大変です。

馬男は別売りのヒーティングチューブスペーサーに予めシャグを詰めて

20個ほど持ち歩いています。

 

アルミ製なので洗って使えますし、すぐ吸うことが出来ます!

もちろん洗って再利用が出来ますが、ただ、家で薬莢のようにつめる必要があります。

僕は元々巻きタバコをコツコツ巻いていたので
別に苦じゃないのですが

紙巻から移行するには結構ネックになるのではないかと。

 

 

あとデメリットとしては、フル充電で10本分くらいしか使用が出来ないので

モバイルバッテリーは必需品です!

 

しかも10000mAh以上のものをオススメしています!

ついでに ランキングが高いモバイルバッテリーもこちらにリンクしておきますね!

 

WEECKE 「C VAPOR2.0+」を10カ月間使用したレビュー

【追記:2018/07/10】

購入から約10か月間、「WEECKE C VAPOR2.0+」をフル活用で使用してきましたが

気づいた点を述べていきたいと思います。

 

僕の場合は

毎日フル活用で一日20回ほどグリセリンリキッドを3滴ほど入れて吸っていたのですが

8カ月後くらいに異常が出てきました。

 

異常の内容は

シャグを詰める部分にグリセリンが焼き付き、空気の通りが悪くなってしまう」というもの。

 

掃除すればある程度改善されていたので

騙し騙し使用していたのですが、ある程度から我慢できなくなり

 

新しく「weecke c-vapor2.0+」を購入して

現在はグリセリンの量を減らしながら使用しています!

 

Amazonなどの見る限り

グリセリンリキッドを使用は推奨されていないため

使用する場合は1滴か2滴くらいに抑えておいた方が無難なようです。

 

WEECKE 「C VAPOR2.0+」はケースは使用する必要なし!

補足ですが、「C VAPOR2.0+」はセラミック製の為ケースなどは無くても

傷などはほとんどつきませんでした!

 

10ヶ月使用しているのにほらまだ全然綺麗!

 

「C VAPOR3」のケースは発売する予定のようですが

個人的には使用しないでもいいかなぁと思っています。

 

人気記事>>>アラフォー・クライシスの家計簿見てみる?非正規アルバイトで生きる新婚夫婦の収入と支出を晒す!

 

プルームテックも東京駅で試してみた!

ちょっと話は変わりますが、先日嫁ちゃんと東京デートをしていた際

プルームテックを試す場所が東京駅にありました!

 

WEECKE C-Vapor 2+(プラス)の購入前だったので嫁ちゃんがあまりに乗り気で

プルームテックを試し吸いをしてみました。その模様もついでにブログにしたいと思います!

 

店舗の中では説明してくれる店員さんがおり

数々のフレーバーを紹介してくれました。

 

 

吸った感じ、プルームテックは「味の薄い1mmタバコ」と言う感じでした。

味はアイコス・gloと比べては一番おいしかったです。

ただ、ちょっとキック感が少ない感じがしました。

8mmを吸っている馬男にとってはあまり満足がいかないものでしたね。

 

でもプルームテックはそもそも「吸った時点で煙が出る仕様」になっているので、メリットも感じました!

【プルームテックメリット】

・取り出すだけですぐ吸える。

・満足した時点で辞めれる。

・匂いは一番少ない。

【プルームテックのデメリット】

 

・50回吸った時点で終わるが、終わるタイミングが分からない。

・キック感がないからずっと吸っちゃう。

と言う感じでした。

馬男はその日プルームテックを予約したんですが

「タバコ代が高くつくのが嫌だ」と言う感じから不安を感じ

 

AMAZONからC-VAPOR2+(プラス)を購入する事にとなったのです。

 

WEECKE C-VAPOR3が安くて一番美味く最強だと思う!今回のまとめ。

さて、今回のブログのまとめです!

僕の様なアイコスやglo、プルームテックといろんな物を渡り歩いた馬男からすると

本当にオススメ出来るWEECKE C-VAPOR2+(プラス)に出会って良かったです!

今だったらWEECKE C-VAPOR3を購入しましょう!

 

詰めるのは確かにめんどくさいし電池も十分に持つとは言えないけれど

・タバコ代は安く済むし、

・匂いはないし

・何より美味しい。

とそれ以上にメリットを感じる商品です!

 

こちらの商品を使いだしてから、嫁ちゃんからもタバコ臭いと言われる事も

少なくなり、何よりお小遣いが残るようになったのが非常に嬉しいです!

 

・現喫煙者で強いタバコが吸いたい人

・タバコ代が厳しいと思っている人。

 

には是非オススメの物となっています!試してみてくださいね!

面白かったらいいね!やシェアお願いします!馬男でした!

 

 

人気記事>>>【保存版】 NHK受信料を払わないようにする対策まとめ。

 

 

公開日:2018/01/11

 

最終更新日:2018/09/03

-レビュー
-,

Copyright© ぽいろぐ-enjoy&music&investment- , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.